ック

inserted by FC2 system HTML>



クイーンズタウンへ
〜プケランギからクイーンズタウンまで〜

プケランギからクイーンズタウンへの道すがら


2009年11月4日(水)つづき

プケランギからバスは快調に走り出しました。今夜泊まるクイーンズタウまで、WCストップを含めて約4時間の旅です。しばらくすると、タイエリ鉄道の沿線とはガラリと違う景色が現れました。日本では見た事も無いような、まるで、地球の遙か原初の世界が現れたような不思議な風景でした。



一息入れて

相当走ったあたりで、トイレ休憩です。ひっそりとし町で、小さなお店がたった一つしか無いような所(DUNSTAR)でした。住宅の周りには薔薇などの花が植えられて、サクランボの木にはまだ青い可愛い実がなっておりました。心休まる田舎町です。我々のバスが止まっております。太陽が少し傾いて来たようですが、まだまだ気持ちよい青空です。


湖が



やがて、湖が見え始めました。美しい景色です。
そろそろクイーンズタウンに近づいて来たようです。








ワワティプ湖?

「風光明媚な南島のなかでも、特に一年を通して国内外の観光客が多く訪れるクイーンズタウン。荘厳にそびえる山々に囲まれ、美しくきらめくワカティプ湖畔にビクトリア女王にふさわしいと名付けられた町が広がる。」とは、ガイドブックに書いてある文章ですが、湖に沿って町に入った時の第一印象は当正にピッタリでした。



ロビー ダニーデンから出発した今日の旅も終わり、この美しいクイーンズタウンのワカティプ湖畔にあるアットホームなホテルで1泊です。このホテルのプールサイドから真夜中の二時頃、南十字星を見る事が出来ると聞きました。
おやすみなさい



明日はクイーンズタウンからミルフォードサウンドまでの289キロの旅が待っております。モーニングコールは5時です。本当に残念ながらたった一夜のクイーンズタウンです。
何はともあれこのホテルの快適なベッドで、おやすみなさい。

午前二時のプールサイドに見ゆるといふサザンクロスに会はず帰り来

   

BACK  NEXT